ママれぽ

【取材レポ】奈良うまいもの会・第3回認定プレミアム商品審査会に参加したよ(^^)

2019年03月03日

みなさんのイメージする、奈良のうまいもん!

なんですか??

色々ありますよね~

地域によっても違いますよね(^^)

そう、奈良にはうまいもんいっぱいあるんです!

そして、まだまだ、広く知られてない、うまいもんが沢山!!

それを平城遷都1300年祭を契機に「食」という観点から奈良をアピールしていきたいと考え10年の歳月をかけて、設立されたのが《奈良のうまいもの会》

先日、奈良うまいもの会・第3回認定プレミアム商品審査会が開催されましたので、はぐからも審査員として、参加してきました♪

▶奈良のうまいもの会って??

日本で最初に都が置かれた奈良。
その奈良には、遠く大陸から今日のチーズやバターにあたる「蘇」や「絡」が伝わり、全国各地からはさまざまな産物が送られてきました。
魚介類や塩も手にしていたことも遺跡から出土した当時の記録からわかっています。

一方、山の豊かな恵みを受けて吉野葛をはじめ、川魚など奈良の特産品もさまざまな郷土の料理のなかに生かされて、今日に引き継がれています。

まさに、奈良にこそ「日本の食」のルーツがあるのです。

奈良県は、平城遷都1300年祭を契機に「食」という観点から奈良をアピールしていきたいと考え10年の歳月をかけて「奈良のうまいもの」を創設しました。
そして、これを奈良県と協働して、民間の手でさらに発展させようと発足したのが、「一般社団法人 奈良のうまいもの会」です。

伝統の食文化を生かして、新しい「奈良のうまいもの」を作っていこう!それが私たちの合言葉です

奈良のうまいのも会HPより

奈良の食材×料理人

生産者の方によって作られた、こだわりの食材を、県内の各ジャンルのプロが料理して、それを審査し、評価する!

そして、奈良の名物になるようにこれからに繋げる★

奈良に来たらこれが食べられる!

これを食べるために奈良に行く!

伝統の食文化を生かして、新しい「奈良のうまいもの」を作っていこう!

という、うまいもの会のコンセプトに一番合ったお料理が、エントリーされていました(^^)

◇特定食材◇

 

どれもこれも、試行錯誤の上、発表されたお料理ばかり、今までにない、オリジナルの完成に、ほんとうにびっくりしました。

ぜーんぶ美味しかったですよ★

受賞したのは、

農業法人 株式会社アスカグリーンファームのきくらげを使ったお料理

一般財団法人 明日香村地域振興公社の赤米・黒米・緑米を使ったお料理

そして、こちらも、赤米・黒米を使った、お料理。

審査員特別賞には、奈良市北京終町にある井上本店の白味噌を使った、ケーキが選ばれてました(^^)

これは、新しい発見!

白味噌を使ったスイーツで高評価だったようです★

とっても貴重な機会に参加・取材させていただきありがとうございました(^^)

奈良の魅力を《食》を通じて、これからも発信し、奈良のうまいもんがもっと沢山、全国に広がっていくといいですね!!

🍰奈良のうまいのも会の詳しい情報は→こちら

 

この記事を書いた人
e.fukui
e.fukui

男の子2人を育てるママです。 人と話すことが大好きで、自分の知らない事を知りたい!といつでも学ぶ事を大切にしています。 自分の発信する事が誰かの役に立って、それがまた繋がる。 そんな繋がりを大事にして、奈良の女性を笑顔にするために沢山の出会いの機会を作っていきたいな。と思います。