ママれぽ

おっきーレポートvol.1

2017年04月01日

子育ては、一歩手前で(ペットボトル編)

キャップが開けられなくて
私にボトルを渡してきた娘。

よっしゃ開けたろう!
と思ったけれど

それはほんのちょっとに^^
最初のちょっとだけを開けて
娘に渡す。

キュキュッとキャップを開けて
「開けれた〜〜♥」

そう、その『自分でできた!』を
経験してもらいたかったのよ^m^

子どもは親よりももっと長く生きていく。
だから親ができることは
自分がいなくなったあとも
困らずに生きていく方法を
指し示すことだけ。

『自分でできた!』は
生きていく方法を子どもたち自身が
見つけていける魔法の経験。
とは言いすぎかな。

いや、言い過ぎじゃないかも。

この記事を書いた人
hug
hug