ママれぽ

大切なこどもとの時間、絵本の読み聞かせ☆おすすめ絵本のご紹介【はぐおすすめ図書】

2018年01月15日

子供との大切にしたい時間 ☆読み聞かせ☆

先日は、ママへのおすすめの本をご紹介しましたが、本日は、子供に読んであげたい絵本のご紹介☆

今、小学校1年生の長男が年中さんの時、先生や人の話を落ち着いて聞けないことを幼稚園の先生に指摘され、次男も小さかったので、それまであまり実践していなかった、絵本の読み聞かせの時間をもっと大切にしようと、毎日絵本を読むように心がけてきました。今では子供たちも絵本が大好き!長男は時々弟にも絵本を読んでくれるようにもなりました。(気が向いたときだけ^^)

この前の冬休みに、小学校から借りてきた5冊の絵本の中に、乳児・幼児が楽しめそうな2冊があり、4歳の次男が気に入ったのでご紹介します。

小学校の図書室にあったの???と思うほど赤ちゃん向けの2冊で、弟が喜ぶと思って借りてきてくれた心優しいお兄ちゃん☆ そのことに母はほっこりしました。。。。♪(余談です。)

たまごのえほん

いしかわ こうじ  作・絵 (童心社)

0・1歳向けの絵本で、卵からうまれてくる動物が沢山でてきて、いないいないばぁのような感じでこどもは大喜びしてました。小学1年のお兄ちゃんには、卵から生まれてくる動物はどんな動物がいるのか?という勉強になったので、小学校の図書館にあることに納得しました☆

やさいのおなか

木内 勝 作・絵 (福音館書店)

こちらは2歳児から読めそうな内容で、野菜の切り口が影絵のように描かれていて、クイズ形式で楽しめました!沢山の野菜が登場するので、野菜嫌いのお子様でもこれをきっかけに野菜好きになってくれそうですよ☆

わが家では、この絵本のあと早速、野菜を絵本に出てきたように切って、料理して、楽しみました。

是非、図書館や本屋さんで見つけたら読んでみてくださいね。

 

子どもたちの月齢にあった絵本をご紹介

このようにこれからも、はぐでは、お子様の月齢にはどんな絵本がいいのかなぁと悩まれているパパ・ママ(実際私も悩んでいました・・・)の為にどんどんおすすめ絵本をご紹介していきますので、お楽しみに!