ママれぽ

虫好きの子にぴったりの可愛い絵本☆《ころちゃんはだんごむし》&《てんとうむしのてんてんちゃん》【はぐおすすめ図書】

2018年05月01日

虫の世界をのぞいてみよう☆

農学博士でもある著者・高家博成さんの描く虫たちの暮らしぶりが楽しい絵本です。

虫好きの子にぴったりの絵本をご紹介!

まずは・・・・

【ころちゃんはだんごむし】

作:高家 博成・仲川 道子
出版社:童心社 

可愛い絵でダンゴムシたちの生活の様子が描かれています☆

お散歩に出かけ、たくさんの経験をして、大きく成長していく姿が描かれていて、こどもと一緒に読むのにはぴったりですよ(^^)

《かわいい子には旅をさせよ》っていいますが、ほんとにそうだな!!って考えさせられるおはなしです。

蝉が脱皮するように、だんごむしも脱皮するんです☆

これは親も勉強になります!!

可愛い絵をみながら、だんごむしの生態のお勉強にもなるこの絵本! おすすめです♪

 続いて・・・こちらもおすすめ!

てんとうむしてんてんちゃん

作: 高家 博成 仲川 道子
出版社: 童心社

ナナホシテントウのてんてんちゃんが主人公のかわいいテントウムシたちのお話☆

この絵本で、初めてこんなにたくさんの種類のテントウムシがいることをしりました(^^)

子供たちも、探すのが楽しくなって、とっても勉強になる絵本ですね~♪

てんてんちゃんたちの冒険も危険がいっぱい!

天敵のかなへび登場!!!!!

でも、てんてんちゃんたちテントウムシは自分たちで身を守ります☆

これも知らなかった・・・・☆

テントウムシを捕まえた時にでる、黄色い液体・・・

おしっこかなぁって思ってたんですが・・・

これは、敵から身を守るために、出す苦い液体!

こうやって、絵本を読みながら、虫たちの生態も学べる、親子で楽しめる内容になってるんです☆

絵本の最後には、作者の高家さんからの、解説も!

勉強になります☆

是非、親子で絵本の時間を楽しんで下さいね(^^)

 

みなさんのおすすめ絵本は??

親子で楽しめるもの。

子供に読んでほしい絵本。

赤ちゃんにおすすめの絵本。

などなど・・・

ぜひ、はぐサイトの投稿BOXにて、ご紹介くださいね☆

お待ちしてます☆