ママれぽ

奈良時代にタイムスリップ♪3月24日オープン!歴史・文化・食『国営平城宮跡歴史公園』@奈良市

2018年05月27日

 

1300年の時を超えて・・・

先日3月24日にオープンした平城宮跡歴史公園やっと行って来ました〜。

平城宮跡は奈良市にあり、1998年に文化財として世界遺産に登録考古遺跡としては日本初!!!だそうです。

 

「1300年前、平城宮の正面であった朱雀門前の広場は、当時の人々にとってかけがえのない祝祭の場でした。外国使節の送迎や、新年には天皇が門まで出向き、お祝いをすることもあったそうです。この度、2018年3月24日に「朱雀大路」と「二条大路」の整備が整い、観光拠点「朱雀門ひろば」が開園することで、1300年の時を超え人々が歴史を紡いできたこの場所に、新たなにぎわいの場が蘇ります

奈良時代の都の遺構が残るこの特別な場所で、人が集い、商いが行われ、生活・文化が交錯することで、単なる案内所や観光施設の域を超えた公共の場が誕生」(HPより)

 

奈良の観光拠点となるインフォメーションセンターがあり、5つの館(天平うまし館・天平みはらし館・天平つどい館・天平いざない館・天平みつき館)と遣唐使船ととっても広大な広いスペースのある公園です!!!

駐車場の入り口から見える、大きな「遣唐使船」

乗船することもできますよ(無料)

 

天平うまし館で昼食タイム

ガイドマップ持って、さあ5つの館をまわろうかぁ〜!!!

 

その合間に昼食を。ということで「天平うまし館」に・・・

12時半に店内に行くと、3組待ち。約15分待ちぐらいで席に案内されました。

 

レストラン「Tokijiku」

天井が高い〜

席数はそれだけ多くはないけど、開放感あって天気いい日は窓が大きいので、店内が明るいです。

 

窓際の席に座ると、この公園の壮大な景色!!♡

 

さて・・・お腹もすいた!

ランチはメイン4種類から選びます(ハーフブッフェ付き+ドリンク1杯付き)

※ドリンクは帰りのレジでチケットとして交換(そのチケットは隣のカフェIRACAで使用)

ブッフェ台(約10種類ほど)

 

スープとご飯もこちらの台から取り放題。

この日は、サラダ・肉じゃが・パスタ・麻婆なすなど種類も豊富でした

 

油淋鶏ランチ ¥1400

ここで使用した、箸のカタチがとても持ちやすく、これいい!とっても気に入りました。

味はもちろん、見た目もカラフルで美味しいランチでした。

11:00~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:00(L.O.21:00)
※14:00~17:00はカフェ営業のみ
※ランチはハーフブッフェとなります。(制限時間 50分)
※ディナーは予約制

 

【6月17日】父の日「キッズチケット作り」

同じく天平うまし館で来月するイベントのご案内。

今年こそ忘れちゃいけませんよ!(笑)

父の日でもある、17日には

天平うまし館 交流スペースにてワークショップがあるようです。

中学3年生までのお子様なら当日 500円(なんとソフトクリーム付き

食べ終えたら、さあ次へ・・・

 

「朱雀門」

圧巻の大きさ。

朱雀門を背に写真(カメラやスマホ)が置けるこの台もあり。

 

朱雀大路・・・平城京・平安京の中央を南北に走る大路

こちらを通って・・・

 

それから「天平いざない館」へ。

 

中はぜひ行ってからのお楽しみ♡

「ボランティアガイド」されているTさんの、羅城門などのお話とってもわかりやすかったです。

館内で名札をぶら下げている方にぜひ声かけてみてね〜。

 

歴史のお勉強を親子でできますし、詳しい説明聞いたり、多彩な体験をたくさんすることができるので、平城宮跡の歴史を楽しく学べる工夫がたくさんされている印象を感じました。

 

ぜひお友達やファミリーで行かれてはいかがでしょうか。

 

 

国営平城宮跡歴史公園
国営平城宮跡歴史公園 住所:奈良市二条大路南3−5−1
電話番号:0742−36−8780
営業時間:10:00〜18:00(入館17時半まで) 夏季〜18:30
定休日:2・4・7・11月の第2月曜日
(祝日の場合は翌日)
年始年末(29日〜1日)休館になります
URL:http://www.suzakumon-heijokyo.com/

この記事を書いた人
mayumi

♡ライター&パーソナルスタイリスト♡ グルメ、ファッション、美容、海外旅行、サッカー大好き 美容や健康、子育てについての情報発信していきます。 ワクワクしてナチュラル&ポジティブに輝いていける 彩り豊かな女性を増やしていき、奈良をもっと盛り上げたいな〜。。。 サッカー大好きな男の子と女の子のママ☆