ママれぽ

ほんとうにたいせつなものって・・・☆きみへのおくりもの 【はぐおすすめ図書】

2018年11月09日

朝晩、冷え込むようになってきましたね★

秋ももう終わり・・・?

夕方、暗くなるのも早くなって、寝るまでの時間にも少し余裕ができたような気がします。

夕方バタバタですが・・・

絵本の読み聞かせもゆっくりしてあげられるようになったかな・・・と。

今日は、絵が可愛いくて、見てるだけでも楽しめる絵本のご紹介☆

内容はとっても素敵なものでした(^^)

きみへのおくりもの

きみへのおくりもの

作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版 

絵がふんわりしていて、本当に可愛くて・・・☆

絵をみてるだけでも楽しめる絵本です。

2匹の猫、クロとシロのお話☆

相手を想いやる、とっても素敵な内容でした(^^)

3歳くらいから読める、文章もそんなに長くない絵本ですが、個人的には小学生にも読んでほしいなって思うような、内容で【本当に大切な物】は?と親子で考えるいい機会になるな~って思いました(^^)

【大切なものの在りか】はさてさて、どこにあったでしょうか??☆

大切な人と一緒に読んでほしい絵本です(^^)

この記事を書いた人
e.fukui
e.fukui

男の子2人を育てるママです。 人と話すことが大好きで、自分の知らない事を知りたい!といつでも学ぶ事を大切にしています。 自分の発信する事が誰かの役に立って、それがまた繋がる。 そんな繋がりを大事にして、奈良の女性を笑顔にするために沢山の出会いの機会を作っていきたいな。と思います。