ママれぽ

みんなちがってみんないい☆1(いち)と7(しち)【はぐおすすめ図書】

2018年11月26日

こんにちは、いつもはぐをみていただきありがとうございます(^^)

子供に、どんな絵本を・・・・??と悩んでる、ママ・パパたちの参考になればいいな~と、絵本をご紹介してます【はぐおすすめ図書】

今日は、数字に興味のでてきた、4.5歳児さんにちょうど良いんじゃないかなぁと思う、絵本のご紹介☆

いちとしち

1と7

作: 二宮 由紀子
絵: 高畠純
出版社: ひかりのくに
 
 
 
いちとしち、似たもの同士のけんかから、物語はスタート!!!
 
 
さてさて、この戦いの結末は・・・・☆
 

みんなちがってみんないい

似たもの同士のふたり・・・

あーいえば、こーいう・・・

と言い争ってます。。。

 

そこへやってくる、これまた似たもの同士の数字達☆

みんな、どんな言い分があるのかな(^^)

それぞれの、【長所】【短所】《同じとこ》《違うとこ》

【良いところ】【嫌なところも】

《みんなちがってみんないい》と感じられるような内容のお話で、子供達と面白おかしく読むことができました☆

 

 

この記事を書いた人
e.fukui
e.fukui

男の子2人を育てるママです。 人と話すことが大好きで、自分の知らない事を知りたい!といつでも学ぶ事を大切にしています。 自分の発信する事が誰かの役に立って、それがまた繋がる。 そんな繋がりを大事にして、奈良の女性を笑顔にするために沢山の出会いの機会を作っていきたいな。と思います。