ママれぽ

【甘樫丘(あまかしのおか】歴史と植物に触れられる地 @明日香村

2020年03月30日

お外は、ポカポカと暖かくなってきましたね〜。

先日、「国営飛鳥歴史公園」の甘樫丘地区に、行ってきました。

甘樫丘は、『日本書紀』などにもその記述がみられ、7世紀前期には、蘇我蝦夷(そがのえみし)、入鹿(いるか)親子が大邸宅を構えていた場所であるともいわれています。

奈良は、教科書で見た日本史の世界を、リアルに感じられる場所が各地にありますよね。

日々の生活や遊びをしている場所の中で歴史に触れられるのが奈良県の良いところ。

そして、菜の花が、たくさん咲いていて、春が来たな♪って感じられました。

黄色の鮮やかな菜の花の景色の傍らには、ヒナゲシも咲いていて、彩りを添えていて、それもまた素敵。

たくさんの人が訪れていて、写真撮影などしていました。

我が家の娘も、お姫様気分でポーズ!

「このお花の名前何ていうのー?」って言っていました。遊具があって思いっきり遊べる公園も楽しいけれど、たまには

歴史や季節の植物に触れられる公園もよいですね〜。

 

【ライター✐ : すみりんご】

姉妹の子育て中。娘達に、自分の暮らす地域を好きになって、伸び伸びと成長し
てほしいと思っています。
出産前は、毎週吉本の劇場に通うお笑いオタクでした。
今は毎日自宅がドタバタ新喜劇。
でも、実は悩んだり、イライラしたり、モヤモヤしたり…それでも、毎晩リセッ
トして、笑って明日を迎えたい!
葛藤もあるけれど、人が暖かい奈良で子育てできることに感謝しています。

国営飛鳥歴史公園 甘樫丘地区 住所:奈良県高市郡明日香村大字川原
定休日:駐車場 有り
多目的トイレ 有り

この記事を書いた人
hug
hug