ママれぽ

KADOKAWAのドリルを百均でゲット!男の子と女の子それぞれの傾向に合わせた内容です

2020年05月19日

「ダイソー」で、興味深いドリル発見しました。
それが、コチラ‼︎

脳のつくりが違う男女は、「得意分野」「好み」傾向が異なるため、男の子と女の子それぞれの脳と心にアプローチしたドリルなんです。

KADOKAWAが企画協力しています。

年中4才の娘用に、女の子用を購入。(もちろん男の子用も販売されていましたよ。)

書く〟〝洞察力〟〝空間認識〟など、どの力が身につく問題なのか、ページごとに表記されています。

個人的に、空間認識力は前々から興味ありました。
女の子が好む可愛いイラストが書いてあるので、長女も自ら進んで積極的に、ドリルに挑戦しています。

朝起きて、すぐにドリルを開いたりしています。

困った(?)点は.

あくまで長女の場合ですが、設問を無視して、どんどん自分のオリジナルの解釈で書き込んで、ドリルを進めていってしまうのがネックです。

「これ違うよ!」と親が口をはさむとやる気をなくすし、落ちついて設問を最初に理解させるように、上手く誘導することが、なかなか難しい〜。
親の指導力も試されてるような(汗)。

とりあえず、娘が楽しく意欲的に取り組んでくれることは、良いことかな〜と思います。

このドリルの通常版(定価=本体 各750円税別)が、書店にて販売されているとのこと。

娘に、通常版も〝買って〜〟とねだられています。

ダイソーのドリルで、様子を見て、通常版を買うか判断するのもアリだと思うので、試しにいかがでしょうか?

またダイソーで同時に、ひらがなを練習できるドリルも発見しました。
こちらも、楽しく取り組んでいます。

100均で、高クオリティーのドリルが手に入るなんて、とってもありがたいですね。

 

【ライター✐ : すみりんご】

姉妹の子育て中。娘達に、自分の暮らす地域を好きになって、伸び伸びと成長し
てほしいと思っています。
出産前は、毎週吉本の劇場に通うお笑いオタクでした。
今は毎日自宅がドタバタ新喜劇。
でも、実は悩んだり、イライラしたり、モヤモヤしたり…それでも、毎晩リセッ
トして、笑って明日を迎えたい!
葛藤もあるけれど、人が暖かい奈良で子育てできることに感謝しています。

この記事を書いた人
hug
hug