ママれぽ

【くすり資料館】高取町はくすりの町。蔵を改装したレトロな資料館

2020年09月15日

高取町は、〝くすりの町〟とも言われているそうですね。

北陸出身の私は、くすりといえば富山県というイメージだったのですが、高取町もくすりのルーツがある地だったんですね!

高取町のくすりの歴史は古く、飛鳥時代にまで遡り、推古天皇が薬狩を行ったことが、始まりとか。

豊かな自然に恵まれた地で、薬となる動植物が生息していたことに起因していると言われているそうですね。

さて今回、ご紹介するのは

 『くすり資料館』 

歴史を感じさせるこの建物は、改装したものとのこと。

こじんまりとした資料館です。

昔の薬のパッケージや看板、道具などが展示されています。

レトロなものが好きな私は、胸が高鳴りました。

蔵の中の世界は、時空がはるか昔に戻ったようでした。

奈良のことを、また一つ知ることができて、良かったです。

 くすり資料館   は、朱色の格子が目を惹く  『夢創館』  の裏側にあり、通りからは見えにくいです。

 夢創館  は、大正時代の呉服屋を改装した〝観光案内所〟です。
観光の休憩などに、無料で立ち寄ることができます。

地域の特産品の販売や、高取城に関する展示などもあります。

敷地内には、もいました。

駐車場は、敷地の南側にありましたが、

長時間の駐車になる場合は、高取町の観光駐車場を利用した方が良いとのこと。

くすり資料館&夢創館のある 土佐街道  は、一方通行なのでご注意ださいね。

詳細はこちら☆からご覧いただけます

 

【ライター✐ : すみりんご】

北陸出身の姉妹のママ。在宅webライター。
「子どもが小さいから◯◯できない。」
が口癖のぐうたらママから一転、ふとライター業に関心を持ち、チャレンジすることに。
県外出身者の目線で、奈良の魅力をお伝えしたいです。
育児のリフレッシュは、YouTubeの芸人さんの公式チャンネルとマンガアプリを見ること。

くすり資料館
くすり資料館 住所:高市郡高取町上土佐20-2
電話番号:0744-52-1150
営業時間:9:30〜16:30
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、お盆

入館料:くすりの資料館、夢創館 共に無料

この記事を書いた人
hug
hug