ママれぽ

のんびり、ゆったり過ごせる公園。東登美ケ丘3丁目街区公園

2017年03月17日

今回紹介するのは、奈良市にある、「東登美ケ丘3丁目街区公園」です。ならやま大通りから少し住宅街に入った場所にある地域の公園です。東屋も水道もあり、のんびり過ごせます。

優しさを感じる木材を使ったシーソーが楽しめます

園内に設置されている遊具は、すべり台、ブランコ、シーソー、鉄棒、ジャングルジム、砂場といったベーシックな大型遊具です。

その中でお気に入りは「シーソー」最近では、樹脂製の新しい遊具が設置される公園で遊ぶことが多くなった子供にとっては、シーソーという遊具が魅力的なようでした。シーソーの座席部分は木製で、寒い冬場や暑い夏にも子供の肌に優しい素材です。長く大切に使われていたことがうかがえます。

ジャングルジムは下層部分は迷路のようになっているため、まだ高い所に登れない小さな子供でも楽しく遊べます。ブランコもパパママ世代が子供の頃に遊んでいたものと同じようなスタンダートなものですが、子供が捕まって握るチェーンの部分には怪我を防止するラバー素材が巻いてあるので安心です。

多くの自然に触れあえる、ちょうど良い広さの公園

園内は遊具エリアと広場を上下にスペースが分けたれているので、かけっこやボール遊びなどは広場で安心して遊べます。広すぎず狭すぎず子供の遊ぶ姿が目が届く広さのある公園です。園内に植えてある木から落ちるどんぐりを拾い集める遊びにも夢中になっていました。

 

たくさん遊んだ後は、スーパーなどお買物も良いですが、ならやま大通り沿いにあるパン屋さんや、スーパー銭湯に寄り道して帰るのも楽しそうです。

 

取材:曽根里香、原稿:櫛部優子

東登美ケ丘3丁目街区公園
東登美ケ丘3丁目街区公園 住所:奈良市東登美ケ丘3丁目

この記事を書いた人
hug
hug