ママれぽ

ふぅちゃんレポートvol.2~高取町 街歩き編〜

2017年03月17日

でっかいお雛様もいるよ〜

3月といえば、桃の節句。もう3月も半ば過ぎてしまいましたが、1ヵ月にわたりひな巡りで賑わっている町が高取町。

「町家のひな巡り」と題し、今年で11年目になるひなめぐりは、3月1日〜31日まで、高取町の土佐街道沿いの民家やお店などにひな人形が飾られ。ぷらっと散歩しながら家々を巡り、それぞれのひな人形に込められた家々の想いにふれるイベント。しかし、この土佐街道は何を隠そうずっと坂道です。ゆっくり、ゆっくり巡るのがオススメ。

そう、ゆっくり歩くと色んな物が売っている事にも気付きます。そしてうちのケータの目に留まったのは「花の苗」。好きなんです、花を植えたり、野菜を育てたりするのが・・・。まぁ、ゲームに没頭するよりかはいいか・・・と花の苗を選んではみるものの、二人とも全く違う花を気に入りそしてどちらも妥協出来ずに、結局2種類購入となりました。

てくてく坂道を上がっていくと、「街の駅 城跡」の看板が現れます。ここがメインの会場となっており、奥に進むと大きな蔵(?)。その中に入ると天井まで届くかと思われるひな壇が飾られてあります、思わず「おおっ」と声がもれる。「いったいどうやって飾ったん?」とケータに聞かれるも、「すごいねぇ、どうやったんだろうね」としか答えられず・・・。

メイン会場の横にはカフェもあります。満席でした、残念。

気を取り直して、またてくてく歩いて行くと、高取町観光案内所「夢創館」。そもそも高取町は高取城の城下町で、土佐街道沿いは古い建物が多く、この「夢創館」も、そういった建物の一つだそう。昔は着物屋さんだったとか。ちっとしたお土産物も売ってます。

てくてく歩くこと10分・・・とある民家にお邪魔させてもらいおひな様を拝見。お隣の部屋には鎧兜が飾ってありました。五月人形じゃなく本物です。

「おじゃましました〜」と家を出ると「かあーさん、このへん おにぐみだって」と謎の言葉を口にするケータ。「???なに?」と言って振り向くと家の前に木の札がかかっていて・・・

「第二隣組」なんだけど・・・カタカナの「オニ」に見えたらしい。「なっ、なるほど・・・(へんに納得)」。

もう少し進むと、「ジャンボ親子雛」があり、今回はここで折り返すことにしました。


メイン会場を通り過ぎると、小腹が空いてきたのでコロッケとハリケーンポテトを購入。ちっと一息ついて家路につきました。

町家(まちや)の雛めぐり
町家(まちや)の雛めぐり 住所:奈良県高市郡高取町
営業時間:09:00頃〜16:00頃迄

この記事を書いた人
hug
hug