ママれぽ

人気のお屋敷甘味処「みやけ」(奈良市)の狙いドキ!

2017年03月22日

今回紹介するのは、奈良市の富雄鳥見町にある「みやけ」です。閑静な住宅街にあるお屋敷甘味処です。駐車場もありますが、徒歩だと近鉄富雄駅から約10分の距離です。駅からはちょっと急な上り坂になりますが、ダイエット中には消費カロリーと摂取カロリーのバランスは良いかもしれません。

入口からテンションのあがる雰囲気。旅行で高級旅館にでも来たような気分になります。

思わず財布の中の紙幣メンバーを点呼しそうになりますが・・・

立派すぎる門をくぐり抜けると、これまた立派な中庭が!ウットリするも、ふと我に返り

『お財布に諭吉さん居ないかも!樋口さん居る??出直さなアカンかな?』

『カジュアルな服装で大丈夫だろうか?』

と一瞬焦りますが、安心してください。ご予算、おひとりあたり、野口英世さん1〜2人で大丈夫です!

300年の歴史ある豪商のお屋敷を移築した贅沢な空間

趣あるお屋敷は、江戸時代の豪商鴻池邸表家を大阪今橋より移築復元した建物とのこと。

お席はお座敷。お子様連れのグループもいらっしゃいました。子供用椅子、高齢者向けの座椅子も用意してあり、世代を問わずご家族での利用も多いみたいです。

季節の和スイーツメニューが楽しみ

まもなく桜の開花が気になる3月中旬。「桜」や「いちご」の季節のメニューが充実していました。パフェやパンケーキなど豊富なメニューの中から、桜葉の入ったアイス入りの「桜あんみつ」(¥670税別)をオーダーしました。

あんみつに限らず、「あんこ」にこだわる“みやけ”さん、さすが!甘すぎず上品なあんこ(これまた程よい量)とモチモチの白玉、桜葉のサッパリ系アイス。はシンプルですが大満足のバランス感覚に別腹とココロは満たされました!

たそがれ窓際ノスタルジー

運良くお庭が見える窓際席に座ることができてラッキーです。

この日は雨でしたが、雨が草木の緑がいっそう美しく魅せてくれるお庭をぼんやり眺めながら美味しいあんみつをいただき、温かいお茶を飲み非日常なひと時を過ごせました!

菓子の販売も充実してました

カフェ利用でなくとも、自宅用や手土産に美味しいこだわりの和菓子が揃ってます。

県外に居る友人やお仕事関係のお客様が多い私としては、奈良の手土産リストが充実したことも嬉しかったです。

狙い目の時間帯は・・・

甘味処のゴールデンタイムは、やはり食後の13時〜16時。そのゴールデンタイムをあえて外して皆が昼ごはんを食べているだろう時間帯を狙うのがベストでした!「甘いものは別腹〜♪」と豪語するなら、先に別腹を満たしてしまえ。発想の転換で混み合う時間を避けて素敵なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

GW頃から人気のかき氷メニューが始まるので、5月以降は2階のフロアーもフル稼働させても更にウェイティングが出るほどに混み合うそうです。ゆっくり過ごしたい場合は繁忙期を避けるのがベストですね。10時から営業されているので、ちょっと贅沢なロケーションで小倉トーストのモーニングをいただくというご褒美ブランチもオススメです!県外・海外からのお客様も案内したいお店です。

 

ライター:櫛部優子

みやけ
みやけ 住所:奈良市鳥見町1丁目5-1
電話番号:0742-51-3008
営業時間:10:00~18:00(ラストオーダー17:00)※季節により閉店時間は異なります
定休日:日曜日

この記事を書いた人
hug
hug