ママれぽ

【広陵町東部農村広場】ことわざで有名な弘法大師にゆかりのある池がある公園

2021年04月18日

ちょっぴり穴場な公園を見つけました〜。

「曽我川ゴルフセンター」の奥側にあるのですが、『広陵町東部農村広場』という公園です。


 

名称が、ちょっと公園ぽくない感じで、珍しいような?

地面が砂利なのも、さらにレア感アップかも?

遊具は、ブランコ、鉄棒、スプリング遊具、2種類のすべり台が付いた複合遊具などがあります。

この土管タイプのすべり台、子どもは好きですよね〜。

向かいには、本尊は弘法大師像である与楽寺(ようらくじ)があります。

堂内の拝観は事前予約が必要とのこと。

あのことわざ〝弘法にも筆の誤り(こうぼうもふでのあやまり」〟でおなじみ、弘法大師ですね。

そして、公園内の池は、弘法大師が掘らせたウンの梵字(ぼんじ)池があります。

 

※広陵町社会教育委員会議 作成 広陵町の民話参照はコチラよりご覧いただけます

深い歴史と日常の遊びの公園が隣り合わせの景色がある奈良は、やっぱり面白いですね!

奈良の子どもたちは、意識せずとも歴史に触れながら、遊んで育っていくんだなぁ。

 

【ライター✐ : すみりんご】
北陸出身の姉妹のママ。在宅webライター。
「子どもが小さいから◯◯できない。」
が口癖のぐうたらママから一転、ふとライター業に関心を持ち、チャレンジすることに。
県外出身者の目線で、奈良の魅力をお伝えしたいです。
育児のリフレッシュは、YouTubeの芸人さんの公式チャンネルとマンガアプリを見ること。

広陵町東部農村広場
広陵町東部農村広場 住所:奈良県北葛城郡広陵町広瀬797
定休日:トイレ有り 自販機なしコミュニティバス(広陵元気号)与楽寺前バス停下車すぐ駐車場 有り

この記事を書いた人
hug
hug