ママれぽ

しーちゃん、レポートvol.3 ~カメラ編~

2017年05月25日

じょうずにとれたよ!

最近は、写真を撮るといえばほとんど携帯カメラですよね。
教えてなくても、小さい子どもでもスマホを使えるし、写真も撮れる。

子どもの目線の写真って凄く面白い!
ほとんどの場合、ブレていたり、なぜそれを!って所を撮影してくれます。

今回、普段からしっかりカメラマンができるので、トイカメラを渡してみました。

この上の2枚は私が子どもを撮影した写真ですが、とにかく嬉しそうに色んな所をパシャ!
下の写真は子どもがトイカメラで撮影した写真です。レンズ越しの写真はこんな景色なんですね。子どもの構図も面白いのと、トイカメラのなつかしさが出ていました。

とにかく、お母さんを普段から撮影してくれます。興味があるものをまっすぐに撮影してくれる素敵さを感じました。

子どもが大きくなっても今の子どもたちはカメラで撮影する機会って少ないかなと思います。自分が子どもだったとき「写るんです」が流行っていたっけ!
出来上がってくる写真にわくわくドキドキしたものです。

スマホも携帯もない時代はカメラがきちんと存在していて、もっと身近にいました。
デジタルじゃなく、アナログの紙にやいたものをアルバム写真として見るときのほうが、ずっと懐かしく感じます。
子どもにはカメラが携帯の一部じゃなく、カメラとして存在している事を知っていてほしいなと思いました。

この記事を書いた人
hug
hug