ママれぽ

大きな足形石がある公園!黄葉公園ですべり台を楽しもう~

2017年06月27日

今回ご紹介するのは、木津川市にある黄葉公園です。

みんなで一緒に滑ってみよう!

公園のメイン遊具は、幅が広くて大きなこのすべり台!

広い幅なので、小さい子どもたちも喜んですべれます。

大きな幅のあるすべり台で出来る楽しいすべり方は、なんといっても親子や友達同士と一緒にすべれること!

娘と一緒にすべってみましたが、最初が急勾配でスリリング!でも後半は勾配が緩やかなので転ぶ心配がなく、何度もすべりたくなります。

 

・・・ここだけの話、何度か行きましたが、大勢の人がいることがないんです。こんなに大きなすべり台を独り占めできますよ!

ただすべるだけでは終わらない!

すべり台までの登り方にも楽しめる要素が。階段で行く方法と、ロッククライミングのように岩を登っていく方法と2パターンあります。

階段を登った先には、大きな足形ベンチがあり、この足形がぐるっと砂に囲まれて、自由に砂場遊びもできますよ。

住宅内ということもあって、静かで、車通りもほとんどなく、小さい子どもには安心できる公園です。ベンチや水飲み場もあり、子どもの様子を見ながらも遊ばせられます。

公園デビューにもバッチリ!

また、小さい足形のすべり台があり、よちよち歩きの子どもの初めてのすべり台にも最適です。

大きな石でできていて、すべる部分はつるつるとなっていて、小さい子どもたちもその感触が楽しいようで何度もすべっていました。

こんなちっちゃいすべり台がある公園はここだけではないでしょうか!

大きな足型という遊び心満点のすべり台は、子どもたちの興味を引き付けるようで、

 

「わぁ~大きな足があるね。誰の足だろ?」

 

ってとてもおとなが答えに困る質問をしてくれました(笑)

 たくさんの自然とも触れ合える。遊び方は無限大!

また、この時期ならではのたんぽぽとたんぽぽの綿毛がたくさんあります。

娘も、大興奮!たくさんある綿毛をはやくふっ~ってしたくてたまりません。

どれにしようか迷えるほどたくさんありました。

娘は2~3個手に持って帰るとはりきっていましたが、風が吹いて飛びそうになり、必死で風をガードしていました。

 

「風さん、やめて、やめて。たんぽぽ飛んでっちゃう」

 

って頑張ってましたが、家に帰るまでにすべて吹き飛んでしまいました。

 

草や自然のもので遊んだ体験は子どもにとっては宝物です。

沢山の遊具で沢山の友達と遊ぶ公園もとっても楽しいですが、小さな公園で遊んでいると子どもはどんな場所でも気に入れば喜ぶものだと子供の笑顔をみているとわかります。

黄葉公園
黄葉公園 住所:木津川市梅美台5丁目3番地

この記事を書いた人
hug
hug