ママれぽ

ずっと食べていたいキッシュ 東大寺学園正門近くの眺めの良いカフェ。奈良市にあります「cafe pause」

2017年07月30日

今回紹介するのは、奈良市山陵町にある「cafe pause」です。

奈良が誇る名門校、東大寺学園の正門から徒歩約1分の所にあり、電車利用の場合は近鉄高の原駅から徒歩約18分、約1.2kmの所にあります。高の原駅からバスを利用する場合は、約5分、「奈良大学構内」で下車です。パーキングは比較的充分な広さがありました。(砂利の坂道を少し登ります)

 

お店は池を見下ろすように建っていて、テラス席からの眺めの良さが期待できるロケーションです。 

ランチは予約がオススメ。のんびり狙い目はカフェタイム

この日、お店を訪れたのは、16時前。

ランチタイムを逃し、夕食まで空腹が耐えられず、どこか美味しい食事を求めていたところ、以前、ランチタイムに訪れ満席だった「cafe pause」が頭をよぎりました。

カフェタイムなので、お腹を満たせるものは「パンケーキになるのかな。。。体力も消耗しているから、今日は甘いものも許されるかなぁ」
そんな気持ちで訪問したところ、この日、この時間帯には席に少し余裕があり、静かにティータイムを楽しむお客様が数名。

「食事はできますか?」と尋ねたところ、スイーツ以外のメニューも用意されているとのこと。ラッキーでした!

 

カフェタイムの食事メニューは「ロコモコ」「カレー」「キッシュプレート」の3択。

スタッフにオススメを尋ねると『キッシュプレート』推し。ロコモコにも後ろ髪引かれながらもここはオススメをいただくことにしました。

おかわりしたくなるキッシュ!ランチも期待大♪

キッシュプレートには、日替わりキッシュ、パテ、エスカベッシュ、サラダ、バゲット、スープ(この日はビシソワーズ)にドリンクが付いてます。

この日のキッシュはオニオンとベーコン。オニオンをここまで甘くできるのか??と思うほど濃厚でとても甘〜い(砂糖ではなくオニオンの甘さ!!!

そして、生地はサクサクの食感!このキッシュあと2ピースは余裕で食べられるほどの美味しさです。

お持ち帰りして、夕食と朝食にも食べたいほどでした。マスタードが添えられたパテもハーブが香り思わずワインを飲みたくなる美味しさ。

メニューにワインもありましたが、この日は車だったので、次回は徒歩で再訪しようと思います。

 

どれも丁寧に手間をかけてつくってらっしゃるお料理。ランチに満席だった理由に納得です。

広い店内、スピーカー近くが心地よかった

1人で食事に行ったので、特におしゃべりする相手も居ない場合、大きなスピーカー近くの席がオススメです。他の話し声に気を取られることもなく、選曲の良いジャズやボサノバの音楽に包まれるような感覚で食事ができました。。

テラス席、カフェタイムはドッグフレンドリーなお店です

高台から池を望める絶景のテラス席は、15時〜18時のカフェタイムに限り、犬との同伴が可能とのことです。

夏場の利用は厳しいですが、秋や春などテラス席が特等席となるシーズンに愛犬を連れて訪れてみるもの楽しみです。(あくまでも同伴OKとしているので、他のお客様の迷惑にならない最低限のしつけやとマナーをもって利用しましょう)

今回のお持ち帰り

お店のエントランスに飾られていた多肉植物の寄せ植えは300円。我が家のグリーンの新しい仲間として1つ購入して連れて帰りました。店内には自家製のカヌレ(100円)を販売しているほか、革製品のアクセサリーなどオリジナル商品が並んでました。

cafe pause
cafe pause 住所:奈良市山陵町1459‐3
電話番号:0742-31-8430
営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日

この記事を書いた人
hug
hug