ママれぽ

白黒の絵本・・・でも最後は☆たいふうがくる【はぐおすすめ図書】

2018年08月16日

 

夏休み、沢山絵本を読もうと、図書館に通っている我が家☆

なんだか不思議な白黒の絵本に出会ったのでご紹介☆

 

たいふうがくる

たいふうがくる

作・絵: みやこし あきこ
出版社: BL出版 
 
 
イラストレーターでもある、みやこしあきこさんの絵本。
この白黒の感じで、たいふうがくることをイメージできる、そんな一冊でした。
カラフルな、絵本が並ぶ図書館の本棚に1冊、白黒☆
次男が気になって、手にとったので、読んでみると、引き込まれてしまいました(^^)
 
 
 
主人公の男の子の、楽しみにしている、週末のおでかけ。
たいふうがやってくるので、いけなくなっちゃうかも知れないと、、、
 
 
ページをめくるたびに、モノトーンの世界がどんどん不安な気持ちになってきます。
 
 
たいふうがやってきて、不安な中、眠りにつきます。
さてさて、この後、たいふうはどうなるのかな☆
 
 
 
 
男の子は、お出かけできたのかな~(^^)
 

ただ一色使われていた、水色。
最後に、気持ちがぱっと明るくなりました☆
 
まだまだ長い夏休み(^^)絵本の時間もお子様と楽しんで下さいね!
 
 
 
この記事を書いた人
e.fukui
e.fukui

男の子2人を育てるママです。 人と話すことが大好きで、自分の知らない事を知りたい!といつでも学ぶ事を大切にしています。 自分の発信する事が誰かの役に立って、それがまた繋がる。 そんな繋がりを大事にして、奈良の女性を笑顔にするために沢山の出会いの機会を作っていきたいな。と思います。